産後からの効果的なダイエットにチャレンジ

母子共に健康であっても、お母さんの体型は妊娠前と変わらないものでしょうか。どうしたって、母乳で育てるため、ふくよかな身体になりがちです。骨盤も開いた状態ですから、下半身太りを気にするお母さん方は少なくないでしょう。

かといって、ダイエットしたくとも赤ちゃんのお世話がありますし、外に赤ちゃんを連れ出すワケにもいかず、さらに食事制限するなら、母乳の出にも影響するかもしれず、なかなかダイエットが成功しない時期でもあります。しかし、そんなお母さん方に朗報となるのが、ズボラにダイエットができるという生活習慣の見直しがあります。

赤ちゃんが未熟児の間は、お母さんの身体もまだデリケートですから、激しく動きまわることは避け、安静に過ごしましょう。食事面も栄養バランスを考え、母乳育児であるなら母乳不足にならないように、しっかり食べましょう。ズボラダイエットにチャレンジできるのは、1ヶ月?2ヶ月後からです。抱きぐせを心配する時期ですが、赤ちゃんを抱っこしながら寝かしつけるなら、家の中をぐるぐる動きまわるのもあり、また、その場でスクワットをするのも良いでしょう。

その際、膝がつま先より前に出ないように、後ろにイスがあるイメージで腰を下ろすように意識すれば、太ももが肥大化せずに、筋肉を刺激できます。赤ちゃんに笑いかける、そうしたコミュニケーションもダイエットには効果的、ふくよかになった身体を急激に痩せさせると、皮膚がゆるんでシワシワになりがちです。しっかり刺激を与えること、だからこそ、顔の筋肉は大きく動かしましょう。小顔効果も期待できます。身体に関しては、例えば、下っ腹が出てきていてその贅肉がつまめるなら、つまみましょう。

時間があるとき、気が向いたときに、お腹を指でつまみ刺激を与えるだけで、長期的ではありますが、引き締まってきます。歩くときには、おおまた、こまた、かかとを上げてつま先でなど、様々な歩き方をするだけで下半身がしっかり鍛えられます。基本は、ムダに動くことです。たったそれだけと思うでしょうが、オーバーアクションをすることで、普段使わない部分も鍛えることができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました